2022.2.6 メッセージ内容

「委ねられている賜物」マタイ25:14-30

良い忠実なしもべだ。おまえはわずかな物に忠実だったから、多くの物を任せよう。(21節)

主イエスは、先週学んだ「十人のおとめ」の譬え話の直後にこの話をされています。主の再臨の時に、人はどのように生きたかが問われますが、それは委ねられた賜物の違いによることを知らねばなりません。この譬え話に出てくる1タラントとは、現在の貨幣価値に換算すると6000万円ほどになることに注意してください。

一、賜物の違い

主人が3人に預けた金額に差があるのは、その人の個性を熟知しておられたからです。5タラント委ねられた人はそれを誇ってはなりませんし、1タラントの人も卑屈になってはいけません。1タラントであってもすごい価値だからです。大切なのは、それは預けられただけであって、自分のものとなっているわけではないことです。委ねられたものをどう管理するかが問われています。

現在の私たちも同じです。人によって性格は違い、できる仕事も違います。しかしそれらは、神様が私たちを熟知した上でのことなのです。委ねられたものが人と違うのは当然です。他人と比べて多いとか少ないとか、あれが良いとか悪いとかいうことではありません。神様からあなたに委ねられている賜物は何でしょうか。それは少なく思えても莫大な価値があるのです。

二、賜物の用い方

5タラント委ねられた人も、2タラントの人も、それぞれ苦労して、その預けられたものを増やしました。しかし、預けられたものは自分の所有物にはなりませんし、商売する場合にはリスクもあります。1タラントの人は、そんなリスクを負うのが嫌だったのかもしれません。あるいは、自分のものにならないのだったら、やっても意味がないと思った可能性もあります。

私たちも、委ねられた賜物をどう用いるかに注意せねばなりません。主のために、教会のために、他の人のために用いる時間や労力を惜しんではいないでしょうか。主イエスは、自分の命さえ惜しまず、私たちに与えてくださったのです。賜物が委ねられているのは、自分を誇るためではないことを知りましょう。それは、預けてくださった方が崇められるためなのです。

三、賜物への報い

旅から帰ってきた主人は、5タラントと2タラントの人に対して、まったく同じ言葉で、彼らの労苦を喜んでくださっています。特に「忠実な」という言葉に注意しましょう。これは「信仰深い」とも訳せる語です。彼らの主人に対する態度は、私たちの神様に対する態度と似ていることを知ってください。神様が私たちを信頼して預けてくださったから、私たちも神様を信頼しましょう。

主は私たちに何を委ねられているでしょうか。肉体や才能ばかりではありません。家族や仕事や健康や命まで、神様は私たちに委ねてくださっています。だから喜んで、委ねられたものを用いましょう。自分のためではありません。委ねてくださった神様の素晴らしさが現れるためです。そのような生涯が、私たちに与えられる報いです。これを「信仰の報酬」ということもできます。

今、私たち一人ひとりに委ねられている賜物の豊かさを覚えて感謝しましょう。そして他の人と比べるのではなく、自分にできることを喜んでしていきましょう。必ずそれはさらに豊かになります。そして、周囲にいる人たちも喜んでくださるものになるのです。主が再臨される時がいつになっても、主に喜んでいただけると信じて。