2021.12.19 メッセージ内容

「クリスマスの光」 マタイ2:1-12

私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました。(2節)

昼が最も短い冬至の頃にクリスマスが祝われています。太陽の大切さを感じる季節だからこそ、イエス・キリストが光にたとえられる意味がよくわかるのではないでしょうか。マタイが記す誕生物語に、星の光をたどって主イエスのもとにやってきた3人の博士たちが登場するのは、クリスマスの意義を象徴的に描くためだと思われます。

一、導きの光

東の方から来た博士とは、今のイラクあたりで星占いをしていた人たちだと推測されています。ユダヤ人は、この地方に捕囚となっていた時期があったので(バビロン捕囚)、メシアの預言について知っていた可能性があります。彼らが天体観測をしていたとき、木星と土星が接近して、明るく光っていることに気づきました。これが、偉大な人物の誕生を示していると考え、この星に導かれエルサレムにやってきたのです。

天体を観察するなら、不思議な出来事をたくさん発見できます。この自然が、たまたま出現したとは思われません。無数の星が燦然と輝いている宇宙。あの偉大な太陽も、その一つでしかないのです。博士たちは、二星相合が偶然とは思わず、民数記24:17の預言の成就ではなかろうかと考えたのかもしれません。

二、希望の光

しかし、博士の来訪を受けた当時のユダヤの王ヘロデは、動揺しました。自分の王位が奪い取られるのではないかと不安になったのです。彼が残虐な人物であることを知っていた人々も不安になりました。王から尋ねられた律法学者は、ミカ5:2の預言の成就ではないかと思って、ベツレヘムが誕生地であると進言します。ダビデ王の出身地は、確かに特別な地でした。

暗い夜空に輝く光は旅人を導くばかりでなく希望を与えます。暗い世界に住んでいる人、どこに進んで行けば良いのかと迷っている人に、光は希望を与えるのです。ローマ帝国の支配下で苦しんでいる人々は、新しい神の国を実現するお方に希望を抱いていました。そして確かに、主イエスは「わたしは世のです」と、明確に宣言なさり、希望を与えられたのです(ヨハネ8:12)。

三、私たちの光

異邦人の博士たちが、黄金・乳香・没薬を贈り物としたのと対照的に、ヘロデ王は主イエスを殺そうとしました。人々の不安は的中しました。ここに、光を求める人と、光を嫌う人の違いを明確に見ることができます。光をめざして歩む人は、周囲の人々に喜びを分かち合うことができます。だからこそ、主は弟子たちに、「あなたがたは世の光です」と励まされました(マタイ5:14)。

マタイは、主イエスこそ旧約聖書の預言しているメシア、つまり、「神の国」の王であることを、その記事によって証明しようとしています。それは、神の国に属する者は、この王であるメシアの支配下にあることを自覚させるためです。光の中を歩む光の子だからこそ、周囲の人々に光を分かち合うことができます。ちょうど、ろうそくの火を隣の人に分け合うように。

私たちは、博士たちのような宝物は持っていないでしょう。しかし、本当の宝物は、私たち自身です。私たちの存在は、金や銀や宝石よりもはるかに貴いことを忘れてはなりません。暗い時代だからこそ、主イエスと共に明るい日々を過ごし、周囲の方々に希望と喜びを分かち合うことができるよう、祈り求めましょう。