2021.4.25 メッセージ内容

「主の愛に応えて」 ヨハネ21:15-24

「あなたは、私があなたを愛していることを知っておられます。」 (17節)

復活された主イエスは、少なくとも3度、ご自身を弟子たちに現されました。ヨハネは、この3度目の出来事を特に詳しく記しています。弟子の筆頭格だったペテロに、重要な質問を3回もなされたのです。それは、失敗続きの彼を愛しておられる主への応答を促すためでした。

一、明確な告白によって

主はペテロに、「あなたはわたしを信じますか」とか、「礼拝しますか」というのではなく、「愛していますか」と問われました。真実な愛によってこそ、主の求められる生き方ができるからです。さらに、「この人たちが愛する以上に」という言葉は、彼を謙遜にさせました。人と比較して、自分のほうが多く愛するなどと言うことは誰もできません。主の裁判のときに、「その人を知らない」と3度も言ったペテロなら、なおさらでしょう。ペテロは、「あなたがご存じです」と答えることしかできませんでした。

主は今も、「あなたはわたしを愛しますか」と尋ねておられます。人と比較するなんてできません。でも、自分の告白として、それにお答えしましょう。失敗続きでもよいのです。自分の状況をご存じの主に、「あなたの憐みがあってこそ、愛することができます」と告白しましょう。

二、明確な使命によって

そう答えたペテロに、「わたしの子羊を飼いなさい」と命じられました。人間をとる漁師として彼を召された主は、ここでは羊飼いになるようにとの使命を与えられたのです。「わたしは良い羊飼いです」と仰せられた主が、ご自分の羊をペテロに委ねられるとは恐れ多いことです。しかし、これこそが神のご計画でした。人としてのイエスはいつまでもこの地上におられるわけではありません。その働きは、弟子たちに受け継がれる必要がありました。良い羊飼いとなることが、弟子たちの使命だったのです。

私たちも、「羊飼い」となりましょう。羊は最も弱い家畜と言われます。誰かが守らなければなりません。主イエスのようでなくても、あなたの周囲の弱い方のために、自分の時間を少しでも用いることはできないでしょうか。

三、明確な服従によって

さらに主はペテロに、年をとった彼が「望まないところ」に連れて行かれることを予告されます。今後、彼が厳しい迫害に苦しむことをご存じだったからでしょう。でもペテロは、そのような死に方で、神の栄光を現すことになります。ペテロは、この厳しい主の言葉に対して、「嫌です」と答えていません。主を愛しているなら、主の言葉に服従することが喜びとなるからです。彼は、逆さ十字架につけられて殉教します。

 聖書は、自由を大切にします。『キリスト者の自由』という、宗教改革者ルターの有名な本でも、このことが強調されています。彼の趣旨は、「自由だからこそ、喜んで従う」ということでした。魚は水中では自由ですが、地上では死んでしまいます。クリスチャンは、神の愛の手の中で生活してこそ自由なのです。神の愛から離れ、勝手気ままに過ごすならかえって不幸です。

私たちは、主イエスから愛されています。今、どんな状況であっても、愛されているのです。だから、「私も主を愛します」と告白しましょう。そして、神と人を愛して日々を過ごしましょう。私たちと共に歩んでくださる主イエスのみ旨にお委ねする平安を経験してください。